FC2ブログ

1月31日(日)鹿島

バリ旅行記 2日目


この旅の中で、というよりも死ぬまでに行きたかった場所の一つ


「アマンダリ」


まさかこんなに早くいけることになるとは思ってもいませんでした


アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカと世界中に点在するアマンリゾート。なかでも最も古い歴史をもつものが、バリ島のアマンダリ。


所在地はウブドのクデワタン村というところにあり、車がすれ違えないほどの道を行き、ゲートで車の周りを検査されます




入り口には木造のレセプション、奥にプール、見晴らしのいい棚田が並ぶ渓谷

IMG_4858.jpg

独自の空間づくり


IMG_4863.jpg

シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上プールもそうですが、プールの奥が見えない、永遠のプール・・・。



「インフィニティプール」と呼ばれる最初のプールだと言われています
IMG_4890.jpg

ウブドの街、神様や精霊の石像が多くそれだけでも楽しめます
IMG_4913.jpg


IMG_4874.jpg


IMG_4876.jpg

外にはソファもあり、外の風邪に吹かれながら読書もできます

IMG_4880.jpg
一つ一つが丁寧
IMG_4884.jpg



IMG_4895.jpg
最高のロケーションで夕食をいただきました



IMG_4896.jpg




IMG_4902.jpg
虫の音、鳥の鳴き声、プールサイドでは民族楽器ガムランを演奏しています


静けさの中で聞く音は心から癒してくれます
IMG_4903.jpg
水の入れ方も、料理もサービスも最高級でした
IMG_4904.jpg





IMG_4905_20160130215356f9d.jpg
エントランスからラウンジに向けてその奥は真っ暗闇・・・明かりもほとんどなくてただ水の音が心地よく聞こえてきて


贅沢な一時を味あわせていただけました!
IMG_4915.jpg
ただ・・・料金のシステムも頼み方も解らず・・・一体いくらになるのか??


「250」という数字だけ書いてある・・・これはドルなのか?ルピアなのか?



ある程度こういうときにこうする・・・こう言う・・・、こう振舞うは考えていたものの・・・


自分が想像していた以上に英語が聞き取れないこと・・・通じないこと・・・


細かい詳細はナイショですが、3日目に行ったスパでも聞き取れず恥ずかしい思いをしてしまいした笑


この旅での五感で感じたことは一生忘れません。


楽しいだけでなくたくさん学びがありました


日本のサービスレベルの高さ。その違いを感じるのも楽しかったり、


日本での当たり前が海外では当たり前じゃない。


旅の中身がより楽しく安心感を得られるように・・・英語勉強するかな・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

becool7678

Author:becool7678
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR